新ジャガとインゲンの味噌バター

新ジャガとインゲンの味噌バター 皮つきのまま茹でた旬の新ジャガを、相性バツグンの味噌バターで。
調理時間:20分
難易度:★☆☆ 味の濃さ:★★☆

材料 2人分
ジャガイモ2~6個
インゲン6~8本
味噌大さじ1
みりん大さじ1
バター10g
砂糖小さじ1
いりごま適宜
  1. ジャガイモは皮つきのまま中火で15~20分、竹串がスッと刺さるまで茹で、食べやすい大きさにカット。
    インゲンは2~3分茹で、5~6cm幅にカットする。
  2. 電子レンジなどでバターを加熱して溶かし、砂糖・味噌・みりんをよく混ぜ味噌バターを作る。
    ジャガイモ・インゲンを器に盛り、味噌バターをまわしかけてごまを散らす。

「新ジャガ」はジャガイモの種類ではなく、春に収穫されるジャガイモのこと。旬は3月~6月。皮が薄く、水分が多く軟らかいのが特徴です。

新ジャガとインゲンの味噌バター